DEVICE株式会社

ソリューション事例

鏡面意匠をもつガラス素材の検討

テーマ

東京駅南口の商業施設「KITTE(キッテ)」の吹抜け部分にあるガラス手摺検討において、鏡面意匠を持つガラス素材の検討及び製作を求められました。

ソリューション

ガラスに鏡面意匠を持たせるには、フィルムを貼る等の方法が挙げられます。しかし、プリントデザインがストライプ状であること、ガラスサイズが大きいこと(H3,800mm)、また手摺としての安全性と強度が必要とされることから、フィルムで対応することは難しかったため、別の方法を提案する必要がありました。そこで、特殊なインクを用いたセラミックプリントを中間膜側面に施した合わせガラスを製作することで、それらの課題を解決しました。この特殊なミラープリントガラスには、適用される製作・検査基準がありませんでした。そこで、お客様と製作サイドにヒアリングを行い、打合せを重ねることで独自の検査基準を設けて品質管理を行いました。

実施した主な検査

合わせガラス製作精度およびミラー印刷面 (出荷前に全数検査)

表面応力度検査、破壊検査 (サンプリング検査)

  • 破壊試験の様子1
  • 破壊試験の様子2