DEVICE株式会社

マリムシリーズ

マリムシステムキット

マリムシステムキット

マリムシステムキットは、高い安全性に加え意匠性にも優れ、オフィス・店舗や住宅等あらゆる場所で使用することができます。

4種類のガラス素材は、用途に応じ他の素材や光との組み合わせも楽しめます。

特長

 

4種類のガラスタイプを揃え、組み合わせも可能です。

フロア全体など、広い場所にお使いいただけます。

支持材を含めたシステム化により、施工性に優れトータルコストの低減が可能です。

内外部使用可能です。(完全な止水機能なし。詳しくはお問い合わせください)

 

ガラス品種・構成・表面仕上げ

ガラス面材は、透明タイプ、不透明タイプ 2 種類、半透明タイプからお選びいただけます。

強化合わせガラス総厚 17.5mm

  • FMタイプ(ホワイト不透明タイプ/強化フロートガラス)

    一般的なガラス床材です。

    強化フロートガラスは、ガラス自体が淡い緑色を有しています。

  • LMタイプ(ホワイト不透明タイプ/強化高透過ガラス)

    高透過ガラスを使用した床材です。

    美術館や高級ブランドショップで使用されている透明度の高いガラスです。

  • FPタイプ(半透明タイプ/強化フロートガラス)

    セラミック印刷によって透明度をコントロールしたガラス床材です。

    陶器にも用いられている印刷技術で、ガラス床材の厚みをより立体的に表現します。

  • FCタイプ(透明タイプ/強化フロートガラス)

    4タイプのうち最も透明な床材です。

    強化フロートガラスは、ガラス自体が淡い緑色を有しています。

サイズ・価格(消費税・運搬費別途)

品番 種別 ガラス品種 m²あたりの価格(円) 床ガラスのサイズ 備考
FM-6060 ホワイト不透明タイプ 強化フロートガラス 140,000 600タイプ
596×596mm
支持材共
LM-6060 ホワイト不透明タイプ 強化高透過ガラス 199,800 支持材共
FP-6060 半透明タイプ(セラミック印刷) 強化フロートガラス 146,800 支持材共
FC-6060 透明タイプ 強化フロートガラス 129,800 支持材共
FM-4545 ホワイト不透明タイプ 強化フロートガラス 150,300 450タイプ
446×446mm
支持材共
LM-4545 ホワイト不透明タイプ 強化高透過ガラス 208,300 支持材共
FP-4545 半透明タイプ(セラミック印刷) 強化フロートガラス 157,000 支持材共
FC-4545 透明タイプ 強化フロートガラス 140,000 支持材共
  • マリムシステムキットはキット販売のみとなります。床ガラス・支持材等単品のみの販売はいたしません。
  • 本価格には、床ガラス・支持材SET・ベースワッシャー・位置決めインサート・端部固定ブロックを含んでおります。オプション品をご入用の場合は、別途ご発注ください。
  • マリムシステムキットの最小受注数量は、600タイプ 1.44m2以上・450タイプ 0.81m2以上となります。(2×2=4枚以上)
  • 本価格は材料費のみといたします。取付工事・目地シール・外枠は含まれておりません。
  • 本価格には、外枠用緩衝材(オプション)は含まれておりません。
  • m2当りの単価には目地部分を含んでおります。
  • 各タイプの納期につきましては、弊社までお問い合わせください。
  • マリムシステムキットは、歩行専用品です。歩行以外の使用は避けてください。
  • マリムシステムキットは完全防水仕様ではありません。屋外への使用をご検討の場合は、弊社までお問い合わせください。

マリムシステムキット お見積り参考例

FM-6060 5段×5列使用の場合
使用面積(L×W) 3.0m×3.0m=9.0m²
FM-6060 単価/m² ¥140,000
面積×単価/m² 9.0m²×¥140,000=¥1,260,000
合計(消費税別途) ¥1,260,000
  • 上記価格は材料費のみです。
  • 上記価格には運搬費は含まれておりません。
  • 上記価格には支持システムを含んでおります。
  • m2数には目地部分を含んでおります。

使用例

  • FM タイプ(ホワイト不透明タイプ/強化フロートガラス)

  • LM タイプ(ホワイト不透明タイプ/強化高透過ガラス)

  • FP タイプ(半透明タイプ/強化フロートガラス)

  • FC タイプ(透明タイプ/強化フロートガラス)

  • この製品に関する仕様及び外観・数値等は、改良のため予告なく変更する場合があります。
  • 写真・CGイメージは、ディスプレイや印刷上などにより、実物の製品とは多少異なります。